私の体験を通して

私の体験を通して

人間関係のストレスに悩んでいたとき、私は、今までの自分の価値観に根本的に疑問を持ちました。

今まで正しいと思っていたことが違うかもしれない、その価値観が自分を苦しめていると気がついたとき、どうにも悲しく、自分を見失い、どうしていいのか分からなくなりました。

自分がどうしたらいいのか分からないのに、そんな中、毎日生活をともにしている子どもたちをどうやって育てたらいいのだろう、すべてがわからなくなり、自信をなくし、絶望感を感じ迷い考えました。

そんな私が、いくら子どもたちに、がんばれ、楽しめと、話したところで、自分ができていないのに、私の言葉になんの説得力もない、と気がつきました。

楽しく生きることについて考え、迷ううちに、まずは強がらず、子どもたちにも正直にいようと思った時から、よくお互い語り合えるようになりました。

ある日、子どもたちと夢について話していたら、逆に、「ママの夢はなんなの?」と聞かれ、衝撃でした。大人の私の夢を聞いてくれる発想、すばらしいと思いました。

子どもも立派な一個人、逆に日々、私は彼らに色々なことを教えてもらっていることに気がつきました。

自分がぶれる事もあるし、迷ったり、サボったりもする。

未熟な私に人に何か教えることなんてできない、でも、私にできることは、自然体の人間でいること。自分ががんばったり、楽しんで、人生を精一杯生きる姿を見せたいとこの時思えるようになったのです。

自分で考え、選択することは、時として、難しく不安です。

でも、逆に言えば、自分次第で変われるのです。

この考え方が正しいのかは、わかりません。

ただ、子どもたちは、今の私をみて、「ママ、楽しそう」といってくれます。

そして、苦しいこともありますが、私は、希望をもっている、今が幸せです。

フラワーエッセンスは、そのことに気がつくため活躍してくれたツールのひとつであるのです。